Process

家・店舗づくりのながれ

株式会社意匠堂
ハンバーガー

お気軽にまずはご相談から

意匠堂ではプランニングに入る前に、お客様おひとりおひとりに合わせて資金計画をお作りします。新しいマイホーム生活を始めるにあたって必要な資金を計算し、月々のお支払いをベースに資金計画を作ります。資金計画はおおよその計画にはなりますが、作成しまとめる事により現実的なプランが見えてきます。それによって、土地購入がまだな方は土地を絞り込むことができ、建築費を決める事ができます。
そこからプランニングの始まりです。お施主さまのご希望をお伺いし、実際に土地の景観や方位を確信し、デザイナーがプランをしていきます。
家を建てたいけれども・・・まず何からすればいいのか分からない、自分たちが家を建てる事ができるか不安な方もお気軽にお電話頂ければ一緒になって考えていくことができます。
ですから、見積もりをすぐに出してくださいというお客様にはお応えできない場合がございます。意匠堂はお客さまひとりひとりに合わせてプランニングしていきます。

1.初めての打ち合わせ

初回面談にて弊社のデザインや性能などの弊社の特徴についてご説明。またお客様の現在の状況・ご希望などお伺いします。

2.二回目の打ち合わせにて

1回目の打ち合わせのあとごゆっくり弊社をご検討頂き、弊社と話を進めていく方向となればお客様の状況に合わせて下記の項目を行います。

  • 資金計画(住宅を建てるにあたって必要な資金を計画。)
  • 住宅ローン事前審査(住宅ローンの仕組みを知り、実際いくらお借り入れが可能か、保証料や金利などを確認)
  • 土地探し(土地をお持ちでない場合、希望のエリアで一緒に土地をお探しします)
  • 土地の現場確認・実測(土地をお持ちの場合実際に現地に訪れ、実測や状況確認を行います)
3.プランニング

実際の土地が決まれば、その土地の形状や方向・立地を確認した上で、お客様の希望を反映させながらプランニング。まずは平面図ではなく3Dパースで作成しますので、よりリアルにお客様へのプランのご提案が可能です。
また、プランはお客様が納得いくまで何度でもご提案させて頂きます。
また、土地を購入の場合、不動産屋さんとの買付・契約を土地のスケジュールによって進めて行きます。

4.設計契約

何度か打ち合わせを行い、間取りや外観のイメージなど大まかなプランが決まりましたら、まず1回目の見積もりを作成いたします。この見積もりにより金額的に現実的なプランなのか、おおよその方向性は間違っていないかをご確認頂きましたら、設計契約を弊社と結んで頂きます。

5.本契約

設計契約後、より細かい打ち合わせを重ね、再度見積もりを作成致します。金額にご納得頂けましたら、本契約を締結させて頂きます。

6.銀行本申込み

弊社との契約書を交わしましたら、銀行の本申込みが可能になりますので、住宅ローンの本申込みを行います。
本申込みが通りましたら、土地決済(土地購入の場合)、弊社の着工金と進んでいきます。

7.地鎮祭

着工までの間にも細かい打ち合わせを重ね、いよいよ工事のスタートです。地鎮祭は、工事を始める前にまず一番に行います。

8.地盤改良

ほとんどの土地には住宅を建てる前に地盤改良を行います。山などの地盤がしっかりした土地の場合地盤改良が不要になります。ただ、調査を行うことで、地盤改良の必要がなくても地盤保証に加入することが可能です。

9.基礎工事

地盤改良が終わると基礎工事に取り掛かります。弊社はベタ基礎一体打ちを行っていますので強度・外周基礎表面の美観に優れています。この間にも、キッチンやトイレなどの詳細打ち合わせを行います。また水廻りの設備を決めるためにメーカーのショールームをまわります。

10.上棟

いよいよ上棟です。上棟日には一気に柱や梁を組んでいきます。

11.仕様打ち合わせ

上棟が終わりましたら、続いて防水工事・断熱施工と、現場が動いていきます。それと並行しながら、クロスやタイル、照明など内装の仕様を決めていきます。この辺りの打ち合わせが終われば、ほぼ最終段階です。弊社は完全オーダーの為、打ち合わせは20回~40回ほど行います。

12.増減見積もり

契約時の見積もり段階から何度も打ち合わせをしますので、その打ち合わせの間で、当初の予定より変更する場合があります。その場合、最終的に増減見積もりを作成しまして、最終的に弊社にお支払頂く金額が確定します。

13.竣工

ついに住宅の完成です。お客様から最終金をお振り込み頂く前に。社内検査や役所の検査を全て終了させています。
全てが完了しましたら、お客様へのお引渡しです。ただ、ほとんどどのお客様にOPEN HOUSEのご協力を頂いていますので、実際のお引き渡しは完成見学会の後になります。完成見学会を行った場合、終了後、再度チェックを行ってからお引渡しをさせて頂きます。
お引渡し時には、各メーカーさんによる設備の取り扱い設備を受けていただきます。

14.引っ越し

お引越し後、約1カ月後に1カ月点検を行っています。実際に住み始めて気になる点などを社長自らがお客様からお伺いします。その後の定期点検は1年点検、2年点検になりますが、その後でも気になることがありましたらいつでもお伺いする体制を整えております。

ご存じですか?

家を建てるにあたって、必要な費用とは…
なんだかんだで1番気になるお金のお話。家を建てるにあたって、必要な費用は、「土地代金と建物代金」それだけだとお思いの方も中にはおられるのではないでしょうか。建売物件やマンション等をご購入の場合は必要ない費用も、メーカーや工務店で建てる場合は必要なことがあります。
例えば・・・

  • 地盤改良【土地によって費用が異なります。現在では地盤改良をしない建築業者はほとんどいないと思います。キッチリ調査し、改良を行うことで20年間の地盤保証を付けることができます】
  • 水道負担金【水道の利用申込に際して、自治体(水道局)に納付しなければならない費用】
  • 火災保険【プランや加入年数によって費用が異なります】
  • 地鎮祭費用【近年では行わない方もおられます。神社等によって異なります】
  • 住宅ローン費用【例えば、つなぎ資金や手数料・収入印紙代等】
  • 開発費用【土地によって異なります】
  • 家具・家電【意外に費用がかさむところ。新居にあたって買い替え等を行う方は、別に資金を考えておいた方が良いでしょう】
  • 登記費用【住宅によって異なります】

上記のように、住宅を「買う」ではなく「建てる」場合は建物と土地以外に多くの費用がかかります。上記に記した費用以外にも条件によっては必要な場合があります。ひとりひとり土地、建物、状況も異なりますので、まずはお客様に合わせた資金計画を行うことが大事なのです。
一見、安く売り出されている土地でも、よくよく聞けば地盤が弱く地盤改良の費用が高かったり、擁壁が必要だったり、お手持ちの土地でも詳しく調べてみれば、その土地に建物が建てれるのは2年先など…見落としがちなことが多々あります。

和泉尚志のポイント
POINT

こだわり抜いた家をたてることからこそ最初が肝心なのです。
ひとりひとりこだわるポイントは異なります。
無限にお金があるわけではないので最初の段階で資金計画を行い、どこにこだわりどこが節約できるのかを考えることが大切です。
土地がまだお決まりではなく、お探し中のお客様は是非購入前にご相談下さい。

和泉尚志のポイント